浮野の里(あやめまつり)

ノウルシ 浮野の里(あやめまつり)
ノウルシ あやめまつり
ノウルシ
浮野の里(あやめまつり)

武蔵野の昔ながらの田園風景が今も残る「浮野の里」。田掘は、低湿な土壌を耕作可能な状態にまで嵩上げするために掘られたものであり、新田開発当時の農耕文化遺産の一つです。4月にはノウルシの鮮やか黄色が浮野の里一面に咲きほこり、6月には約3千株のハナショウブによって彩られます。「浮野の里あやめ祭り」では、田舟が田掘を遊覧します。

所在地: 加須市多門寺、北篠崎地内
問い合わせ、連絡先
浮野の里(うきやのさと)/加須市

武蔵国(むさしのくに)の昔ながらの田園風景を残す『浮野の里』(うきやのさと)は、周辺には屋敷林や田堀、くぬぎ並木などの田園景観が保全され、平成7年…

加須市 ホームページ: 浮野の里(うきやのさと)
https://www.city.kazo.lg.jp/soshiki/kakyou_seisaku/kankou/5249.html

加須市 環境安全部 環境政策課
電話番号: 0480-62-1111