歩いて行ける!三県境

栃木県栃木市・群馬県板倉町・埼玉県加須市に跨る三県境について

 三県境は栃木県栃木市・群馬県板倉町・埼玉県加須市(北川辺地域)に跨り、道の駅かぞわたらせの南東方向約500メートルの水田にある行政界です。
 三県境は以前、渡良瀬川の中に位置していましたが、明治時代から大正時代にかけての渡良瀬川の改修工事により、現在の河道に変わり、現在の水路の位置となりました。平成28年1月から3月にかけて、2市1町(栃木市・板倉町・加須市)を代表して栃木市により、測量が実施されました。その結果、三方向からの水路の交点から、以前、入れられたと思われるコンクリート製の杭が見つかり、その点が三県境と確認されました。

測量1 測量2

 

こうして歩いて行ける三県境となりました

 前の渡良瀬川は現在の栃木市と板倉町の行政界を流れ、その一部の河道は曲がりくねっていて「海老瀬の七曲がり」と呼ばれ、洪水の際に幾度も破堤していました。そのため、明治43年から着手された渡良瀬川の改修工事のなかで、その河道を現在の渡良瀬川の河道に変える工事が行われ、大正7年に通水しました。これにより「海老瀬の七曲がり」と呼ばれた河道は廃川となりました。

 また、現在の加須市と板倉町の行政界を流れ、渡良瀬川の「海老瀬の七曲がり」に合流していた谷田川も、渡良瀬川の改修工事と併せ一部河道を変えることとなりました。

 これにより、三県境となっていた渡良瀬川の海老瀬の七曲がりと谷田川の合流箇所は廃川となり、その後、渡良瀬遊水地の造成工事による発生した土砂で埋め立てられ、周辺は耕作地の整備が行われ、現在の平地にある「歩いていける三県境」となりました。

測量3

冬のオススメ8選

總願寺 節分会

玉敷神社だるま市

イルミネーション大作戦

北大桑円満寺千手観世音大祭

クライミング

加須うどん

レンタサイクル

地酒 力士

地酒 亀甲花菱

常設観光施設8選

騎西城

加須未来館

サトエ21世紀美術館

釜屋(酒の資料館)

ほくさい美術館

環境科学国際センター

北川辺郷土資料館

むさしの村

ワク井ミュージアム

ご案内

  • 加須市物産観光協会
  • 〒347-0007
  • 加須市三俣2丁目1番地1
  • TEL:0480-62-1111
  • 営業時間:9:00-17:00
  • 土日・祝日曜定休

 

加須市観光協会観光案内所

 

会員情報

 

観光パンフレットポータル『みんたび』

 

富士河口湖総合観光情報サイト

ページの先頭へ